敏感肌を改善するなら肌タイプにあった洗顔方法を

ウーマン

メニュー

肌に合う方法で洗う

顔を洗う女性

皮脂が多かったり、乾燥しやすかったりなど、肌のタイプにはいくつかの種類があります。その中で敏感肌は刺激に弱い特徴があるため、肌に合わないスキンケアの実施は肌荒れを引き起こす原因になります。また、肌に触れることも敏感肌にとっては刺激になる可能性があります。そのため、肌に触る回数は最小限に抑える努力が求められます。たとえば、洗顔料を使用する際は十分に泡立てることによって、顔に触れる回数を減らすことができます。泡立てていない洗顔料を顔に塗ったり、擦ったりすることは敏感肌には負担が大きい行動です。そこで、洗顔料を十分に泡立て、泡で顔を包むような感覚で洗うことによって刺激が少なくなるため肌荒れを防止できます。

敏感肌だからと言って肌への刺激を避けるため、洗顔の回数を減らしてしまうと毛穴に汚れが蓄積してしまいます。洗い過ぎは肌荒れの原因になりますが、洗顔の回数が少ないことにメリットはありません。ですから、敏感肌でもしっかりと洗顔する必要があります。敏感肌は毛穴を開いた上での洗顔が効果的です。毛穴を開くことは全ての洗顔方法の基本となる行動で、毛穴が閉じている状態よりも開いた状態の方が汚れを落とす効果は高くなります。敏感肌は刺激に対して敏感ですが、肌を温めて毛穴を開くことは刺激になりません。ですから、洗顔する前に湯に浸かって体温を上げたり、温かいタオルを顔に当てたりなどは、敏感肌の洗顔において効果的な方法です。また同時に敏感肌用の洗顔料を活用するようにしましょう。添加物が少ないお肌に安全な洗顔もあるので、肌への刺激を抑えることが出来るようになります。また、敏感肌以外にも乾燥肌やオイリー肌、混合肌といった自分にあった洗顔料を選ぶことも大切なことといえます。タイプ別の化粧品は数多く取り揃えられているので良いアイテムを見つけることができるでしょう。

角質層が潤っていること

目を閉じる女性

ただ水分を与えるだけでは乾燥した肌は改善されない。最も大切なのは、水分を維持する力である。保湿効果の高い化粧水を使用し角質層がいつでも水分で満たされていれば、健康的でみずみずしい肌を保つことができる。

もっと読む

スキンケアは大切

化粧水

酸素は生命活動に不可欠な物質ですが、酸化による皮膚の劣化を促進します。高い抗酸化作用があるappsは、化粧水として開発するまでに高い技術力が要求されました。浸透性が高いので、従来のビタミンc誘導体よりも効率的なスキンケアが可能です。

もっと読む

時短で賢くスキンケア

クリームを塗る人

オールインワンゲルを買う時にはご自分の肌質やなりたい肌に合わせて商品を選びましょう。これ一つでスキンケアは完了なので、時間短縮でありながらなりたい肌に近づく事が出来ます。幅広い年齢・肌質の人が使えるのでお気に入りのものを一つ見つけてみて下さい。

もっと読む